包茎手術を受ける意義

包茎手術を受ける意義

包茎手術を受ける意義

一言に包茎といっても仮性包茎や、真性包茎、カントン包茎等、様々な種類があります。
仮性包茎とは、皮をむこうと思えばむけますが、自然に元に戻ります。真性包茎は、皮をむこうと思ってもむけません。カントン包茎とは、勃起時に皮をむいた際、締め付けられ痛みもあり、元に戻せなくなります。
そして人によっては、締め付けられ亀頭に血が通わなくて壊死してしまった人もいるようです。
これはかなり怖いですよね?                           

 

そのような事もあり、人によって程度は違うと思いますが、真性やカントンは包茎手術をおすすめされます。
基本的に病気じゃなければ手術が出来るそうです。
やはり衛生面でも汚れがたまったりしてよくないようです。
そしてこの包茎の場合、女性と関係を持ったら絶対にばれてしまうという屈辱が待っています。

 

初めからばれると分かっていれば、私なら行為を絶対にしません。          
私の場合、自分の見た目よりもこっちの部分が気になったりします。
男性にしか分からない悩みですが、人によっては深く悩んでいる人も多いので、女性には気付いても言わないでほしいと思うのは私だけでは無いでしょう。
なので女性の皆様には是非とも気を使ってもらいたいです!

ホーム RSS購読 サイトマップ